東京急行電鉄
世田谷線


三軒茶屋~下高井戸間 5.1km

1372mm軌間 直流600V電化
※現在は5.0km




《歴史》


明治29年
玉川砂利電気鉄道により
三宅坂~玉川間の路線が計画される


明治36年
社名改称の上 玉川電気鉄道創立


明治40年
玉川線 渋谷~玉川間開業
(1067mm軌間)


大正 9年
東京市電との直通を考慮し
1372mm軌間に改軌


大正10年
△渋谷~渋谷橋間開業


大正13年
砧線 玉川~砧間 開業
△天現寺線 渋谷橋~天現寺間開業


大正14年
下高井戸支線 三軒茶屋~下高井戸間開業
(現在の世田谷線)


昭和 2年
△中目黒線 渋谷橋~中目黒間開業
玉川~溝ノ口間開業


昭和12年
渋谷駅移転
玉川線と天現寺線など(△印)が分離


昭和13年
玉川電気鉄道が東京横浜電鉄(現・東急)に吸収合併
△印の支線は東京市に運行委託


昭和18年
二子読売園(二子玉川園)~溝ノ口間を分離
1067mmに改軌し 大井町線に編入


昭和23年
△印の路線を東京都交通局へ譲渡


昭和44年
三軒茶屋~下高井戸間を除いて廃止
残存区間を"世田谷線"と改称
上町駅に車庫を新設


平成 4年
三軒茶屋駅周辺再開発により
三軒茶屋駅が下高井戸方面約100m地点に移転




《概要》



世田谷線のルーツは、主に渋谷~玉川間を運行していた
玉川電気鉄道、通称"玉電"です。
もともと多摩川河原で採取される砂利を都心へ輸送する目的で計画された路線で、
その支線として大正14年に敷設されたのが現在の世田谷線でした。
路面電車が砂利輸送?という印象もありますが、
発展途上にあった東京の市街地構築には大きく貢献したようです。
特に関東大震災の復興時には、補修用の砂利輸送に活躍したとか。
現在の様子と見比べると、信じられない逸話ですね。
昭和9年に多摩川での砂利採取が禁止となり、玉電は砂利輸送から撤退。
その後東京横浜電鉄、現在の東京急行電鉄に合併されます。
沿線は徐々に宅地化されていた時代で、玉電は旅客輸送に活躍しました。
しかし玉電の線路があった国道246号上への首都高速道路建設、
地下鉄の並行ルート計画などで存在が障害となり廃止が決定。
昭和44年、現在の世田谷線区間を除いて全ての路線が廃止されてしまいました。

残された世田谷線は、玉電の面影を色濃く残す風情を見せていました。
世田谷通りの寸前でちょん切られたような三軒茶屋駅、
信号待ちをする若林踏切、京王線に寄り添うような下高井戸駅などは面白かった…
そして旧き善き時代から継承されたデハ70とデハ80は、なんともいい味を出していました。
今となっては、デハ150でさえ貴重な存在だったかも…
幾度か撮影の機会がありましたが、何時行っても変化が無いので安心してしまい、
真剣に取り組むこともなく、いつしか疎遠になってしまいました。
気がつけば旧型電車は一掃され、馴染みのない新型ばかりに…(T_T)/~~~
もうちょっと気合入れて撮っておけばよかったかなぁ~
なんて、鉄チャン特有の後悔なのですが(苦笑)







《昭和52年頃の在籍形式》

デハ70型
昭和17年に6両 21年に2両が川崎車両で新造された
幾多の改造と車体更新を経て2000年まで活躍


デハ80型
昭和25年から28年にかけて28両が製造された
新造はデハ81~86のみ その他は旧型車からの更新改造
デハ70と同様の経緯で生き長らえたが 2001年に引退


デハ150型

昭和39年に4両が製造
同時期に設計された東急7000と造作が共通する
この形式も改造を繰り返し 2001年まで活躍した








【訪問日】


昭和52年11月29日


昭和53年 1月 3日








トップへ戻る




私鉄&専用線目次に戻る

inserted by FC2 system